子供の育成が垣間見えた、バースデー

今年のお年は嬉しい出来事がありました。

役目から戻り、購入を通じてきた根本を冷蔵庫に入れようってシャッターを開けると、中にスイーツが2つ。

これは恐らく、上の人(高校)からわたしへのお年貰いものか?と思い、本人からダイアログに起きるまでは気づかないふりをしようと思っていたこと、下の人(中学校)から、「ロールケーキは俺からだよ」という。

細かく聞くと、私の貰いものにパフェを買ってきた上の人から「今日は母ちゃんのお年だけれど、何か買ったか?」というそうです。

少々ケチな下の人は「買わないと母ちゃんに怒られるし…」って本人なりに気持ちを遣いながら買ってきてくれたとの事。

貰いものを買ってきてくれた案件よりも、その方法がありがたくて、嬉しくて。

無気力、無関心な上の人がわたしに気持ちを遣い、弟にまで声を掛ける案件なんて軽装ないので、そのフットワークにドッキリ。

下の人に対しても、母ちゃんに怒られるから…は余計だけれど、わたしや兄への手加減を出来る様になったなんて、必ず喜ばしく、ビックリ毎日でした。

Comments are closed.